特色ある教育

12月ミュージック集会

12月19日(火)全校で12月ミュージック集会を行いました。

 

まずは、全校で12月の歌「夢の世界を」を歌いました。

体を左右に揺らしながら、楽しんで歌う姿が見られました。

 

次に、1年生から順に各学年の合唱や合奏を披露しました。

 

1年生 歌「はるなつあきふゆ」

 

2年生 歌「夕やけこやけ」

 

3年生 歌と合奏「山のポルカ」

 

4年生 合奏「茶色の小びん」

 

5年生 歌「まっかな秋」

 

6年生 歌とリコーダー「ふるさと」

 

かわいらしい振り付け、リコーダーや鍵盤ハーモニカの演奏、元気な歌声やきれいに響くハーモニーなど各学年の良さが表れた集会になりました。

 

 

その後、賞状伝達式がありました。

夏休みの作品の表彰やスポーツクラブ等の表彰を行いました。

練習の成果や頑張りが認められ、多くの児童が受賞しました。おめでとうございました。次の目標に向かって、また頑張ってもらいたいと思います。

6月ミュージック集会

6月27日(火)全校で6月ミュージック集会を行いました。

 

最初に、全校で6月の歌「ともだち讃歌」を歌いました。

体育館中に元気な歌声が響きました。

 

次に学年の歌を1年生から順番に歌いました。 1年生のかわいらしい振り付けや、リコーダーの演奏、掛け合いなど各学年で工夫が見られました。

 

1年生「かたつむり」

2年生「あの青い空のように」

3年生「ソロサンマ」

4年生「歌のにじ」

5年生「いつでもあの海は」

6年生「ラバースコンチェルト」

 

 

子供たちには笑顔が溢れ、みんなで歌うことの楽しさを実感することができた、良い集会になりました。

 

 

芸能鑑賞会「オズの魔法使い」

6月17日(土)芸能鑑賞会

劇団トマト座さんによる ミュージカル「オズの魔法使い」を鑑賞しました。

 

最後の「みんなで歌おう」のコーナーでは、舞台中に登場した歌を役者さんと一緒に練習し、歌ったり、踊ったりしました。

 

子供たちは、舞台表現のおもしろさに触れ、舞台の世界に引き込まれるように見入っていました。

 

鶴からのお願い

雪が降り、子供たちは校舎の中で遊ぶことが多くなりました。

すると、廊下を走る子供や校舎内でおにごっこなどをする子供が増え、子供同士がぶつかり、けがをしてしまうことが多くなってきました。

そこで、みんなの安全を願う鶴さんから、西部っ子へお願いが届きました。

 

IMG_3293

 

「西部っ子のみんなで折り鶴を作り、廊下の真ん中に置いて、右側通行を守ろう」というものです。

 

IMG_3291

 

折り紙と作り方の書かれた紙が玄関前に設置され、幅広い学年が折り鶴作りに協力してくれました。

そして、廊下や階段の真ん中に折り鶴を設置しました。

 

IMG_3292 IMG_3290

 

すると、折り鶴を踏まないようにゆっくり歩く子供や、右側通行を意識して歩く子供が増えました。

西部っ子にお願いをした鶴さんも、ホッとしていることでしょう。

校舎内で過ごすことが多くなる時期だからこそ、このように校舎内にある危険に目を向けて生活することの大切さを、改めて考える必要があります。

鶴さんは、西部っ子に良い機会を与えてくれましたね。

ゆずりんコンサート

11月22日(火)に、ゆずりんこと中山 譲(なかやま ゆずる)さんをゲストに招き、全校でゆずりんコンサートを行いました。

img_2815 img_2877 dsc_2554 dsc_2604 img_2831

 

西部っ子は、ゆずりんと一緒にダンスを踊ったり、歌を歌ったりして楽しみました。「明日を夢見て」や「芽吹く季節」、「少年少女冒険隊」「きみとぼくの間に」「ドンマイ」「笑顔がかさなれば」など、ゆずりんの思いがたくさん詰まった曲を聴き、体育館は活気に満ちあふれていました。

歌やダンスには、西部っ子だけでなく、教職員・保護者も参加しました。ゆずりんは、シンガーソングライターでありながら、会場にいるみんなから笑顔を引き出すエンターテイナーでした。

 

img_2892

 

子供たちの日記には「2時間があっという間で、すごく楽しい時間を過ごせてよかった」「ゆずりんとダンスで一緒に踊れていい経験になった」と綴られていて、ゆずりんと過ごした時間が宝物になっているのが分かりました。

小学校の教諭を経て、ミュージシャンとして今もなお全国を行き来しておられる中山さん。お体に気を付けて、全国の子供たち・先生・保護者に元気を届けて下さい。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

6年 総合的な学習の時間「未来の自分へ」~美容師の方から学ぶ~

6年生は、総合的な学習の時間に「未来の自分へ」と題して、将来の自分や就く職業について学習を進めています。9日(水)には、やえもん文庫の神保先生にお話を聴きました。

11月11日(金)の3時間目に、美容師として働いておられる吉田 翔(よしだ しょう)さんをゲストティーチャーに招き、お話を聴きました。

 

dsc_2339

 

吉田さんには、美容師になったきっかけや夢を叶えるために取り組んだこと、やっておけばよかった事、これからの目標など、様々な視点からお話していただきました。

 

dsc_2341

 

立派な美容師に近付くために、開店前や閉店後に1ヶ月間で最高151時間かけて練習に励んでいたことや、カットをしている間お客様が楽しい雰囲気でいられるように話題を考えたり会話の内容を一人一人メモしたりと、美容師の夢を叶えた今もひたむきに努力し続けておられることが分かりました。

 

dsc_2351

dsc_2355

 

「もっともっといろんなことに挑戦しておけばよかった。」

「嫌なことがあっても、努力し続ける事が大切。」

「カットを終えた後に『ありがとう』ってお客様に言っていただけた時、美容師になって良かったなと思う。」

 

%e5%90%89%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8

 

憧れる職業が一人一人違っていても、「努力し続ける」など、それぞれの夢に通じる事をたくさん学ぶことができた、良い1時間の学習となりました。

吉田さん、ありがとうございました。

 

ロングタイム ~全校でダンス練習~

11月9日(水)のロングタイムの時間を活用し、体育館を使って全校でダンス練習を行いました。

今月22日(火)に、「戸出西部 夢プロジェクト」の一環として「ゆずりん」こと中山 譲(なかやま ゆずる)さんをゲストに招き、コンサートを行います。

今日は、そのコンサートの中でみんなで踊る「少年少女冒険隊」のダンスの練習を行いました。

 

dsc_2291 dsc_2303

 

給食の時間に踊りのDVDを観たり、昼休みに開かれている「ひまじんダンスクラブ」で、ゆずりんの曲で触れ合ったりしていることもあり、西部っ子はいきいきとした表情で練習に励んでいました。

 

dsc_2314 dsc_2316 dsc_2311

 

みんなで手を繋いだり、かけ声や動きを揃えたり、全校みんなのパワーが体育館中に集まり、ステージ上から観ているとすごい迫力でした。

ミュージックタイムでは、「芽吹く季節(とき)」「明日を夢見て」など、ゆずりんの曲を中心に全校で練習しています。

ゆずりんと西部っ子が歌とダンスで共演する日が、とても楽しみです。

 

~ユズリン~中山 譲(なかやま ゆずる)ホームページ

www.ongakucenter.co.jp/yuzurin

 

神保先生の読み聞かせ

11月9日(水)に、やえもん文庫の神保康子先生を招き、4・5・6年生に読み聞かせをしていただきました。神保先生は、現在住んでおられる高岡を離れ、生まれ故郷である北海道に帰られるということで、今回で戸出西部小学校での読み聞かせは最後となりました。

各学年の読み聞かせの様子を紹介します。

 

~ 4年生の様子 ~

img_2640 img_2644

 

~ 5年生の様子 ~

cimg2824 cimg2838

 

~ 6年生の様子 ~

dsc_2258

 

神保先生は、必ずお話に入る前に教室の電気を暗くして蝋燭に火を灯し、読み聞かせをして下さいました。読み聞かせの時間が終わる時には、誕生日が近い子供たちを集めて、神保先生とそのみんなで蝋燭の火を吹き消しました。読み聞かせの世界に浸れるように、神保先生は毎回こうして西部っ子に「本を好きになる魔法」をかけてくださいました。

今回は、今までローソクを消したことのない子供たちに声をかけていただき、一緒に蝋燭の火を消していただきました。

 

6年生は、総合的な学習の時間に「未来の自分へ」と題し、将来の自分や就く職業について学習を進めています。そこで、神保先生に読み聞かせを続けてきた経験から、今感じていることや伝えたいことををお話していただきました。

 

「どんなに古ぼけても、それぞれに役目がある。みんな、何かの役目をもって生きている。」

「大人になった自分を支えてくれるのは、子供時代のあなたです。今の子供時代をしっかり楽しみなさい。」

 

自分のために経験や努力を積み重ねることや、家族や先生や友達に感謝することの大切さを教えていただきました。

 

今までの感謝の気持ちを込めて、代表児童が神保先生にお礼の言葉と花束を手渡しました。そして、神保先生と6年生全員で「芽吹く季節(とき)」を歌いました。

 

dsc_2272 dsc_2273 dsc_2281

 

神保先生は北海道へ帰られますが、読み聞かせの活動は今後も続けていかれるそうです。

これからもたくさんの子供たちが神保先生に出会い、すてきな「本を好きになる魔法」にかかっていくことでしょう。

長い間、西部っ子のために読み聞かせをしてくださり、本当にありがとうございました。

 

先輩に学ぶ ~廣川充志さん講演会~

dsc_1269
26日(月)、本校卒業生、桐蔭横浜大学講師で、先のリオデジャネイロオリンピックで金メダルを取った、ベイカー茉秋の担当コーチを務めた廣川充志さんに講演をしていただきました。
dsc_1302
廣川さんからは、オリンピックを経験して、1人の選手が金メダルを取る背景には、選手の努力はもちろんあるのですが、それ以上に多くの支えがあるということ。
一歩踏み出す勇気をもつことなど、小学校の体験談等も交えながら分かりやすくお話してくださいました。
dsc_1317
講演の最後には、廣川さんの小学校時代の恩師から、花束が贈呈されました。
dsc_1330
今日のお話をきっかけに、子供たちが夢に向かって一歩踏み出してくれることを願っています。

よさこいソーラン

CIMG4821 CIMG4837 CIMG4836

7月3日(水)に、戸出七夕祭りの「YOSAKOI戸出」に出演しました。

戸出七夕祭りを盛り上げようと、練習を重ねてきました。

腰を落としたり、かけ声を言ったりしながら踊れるようになりました。

家族の方もたくさん参観くださって、児童もはりきって演技しました。