あすなろ・さくら・なのはな

感謝式・交通少年団入退団式

2月14日(金)

感謝式・交通少年団入退団式を行いました。

 

西部っ子が安全に登校することができるのは、地域の皆様が児童の安全を毎日見守っていてくださっているおかげです。今日はその感謝の気持ちを表すために、感謝式を行いました。感謝式では、プレゼント渡しをしたり、音楽遊びで地域の方と触れ合ったりしました。

 

感謝式の後、交通少年団入退団式を行いました。退団する6年生から入団する3年生へ、交通安全スカーフの引き渡しをしました。

 

5年代表児童は、大きな声で誓いの言葉を言いました。

「一、わたしは、左右を確認し、飛び出しをしません。」

「一、わたしは、道路の右側を一列で歩きます。」

「一、わたしは、自転車の片手運転やスピードの出し過ぎをしません。」

「一、わたしは、事故のない、安全な町づくりに努めます。」

 

これからも、交通安全の意識を高め、安心安全な戸出の町づくりに貢献してほしいと思います。

全校オリエンテーリング

1月29日(水)

総合「卒業プロジェクト 感謝の気持ちを伝えよう」

 

6年生の総合的な学習の時間では、家族や教職員、下級生や校舎等に感謝の気持ちを伝えようと、4つのグループに分かれて企画を進めています。

この日は、第一弾として、下級生に感謝の気持ちを伝える「全校オリエンテーリング」を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校の様々な場所にいる6年生を見付け、クイズやミニゲームに挑戦します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年生を中心に、みんなで協力して取り組む姿が見られました。

下級生の楽しむ様子を見て、6年生も嬉しそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<児童の感想>

・オリエンテーリングを通して、下学年のみんなに感謝の気持ちを伝えることができたと思います。みんな楽しそうに取り組んでくれて、私もうれしかったです。

・オリエンテーリングは、6年生一人一人に役があり、しっかりと行動しないとできないことなので、責任感をもって取り組むことができました。

・準備は大変でしたが、同じグループの友達と一緒に、協力して企画することができ、卒業前の楽しい思い出ができました。

賞状伝達・2学期終業式・児童会活動報告

 

二学期終業式が行われました。最初の賞状伝達では、たくさんの児童に賞状が手渡されました。また、西部っ子スピーチでは、児童の代表が、二学期にできるようになったことや友達と仲良くしたこと等を発表しました。終業式では、校長先生から「一歩前進」したことについてお話があり、一人一人がそれぞれの成長を感じることができました。

終業式の後には、みんなが冬休みを安全に過ごせるよう、立野先生から話がありました。また、運営委員会から、西部っ子米の売上金を東日本大震災で被災し、平成23年から交流している岩手県久慈小学校に送ることや、児童会活動で取り組んだ募金の使い道等について、説明がありました。集まった募金の総額は、35,535円になりました。募金にご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

退任・離任式

 

4月8日(月)に退任・離任式を行いました。昨年度末で退職・転任された10名の先生方や職員の方に感謝の気持ちを伝える大切な式です。子供たちはこの日のために一人一人が手紙などを書いて感謝の気持ちを言葉で表現しました。離任式では、児童の代表が手紙を読み上げ、花束を手渡しました。新しい場所でも、お体に気を付けてご活躍されることをお祈りします。

新任式・始業式

 

4月4日(木)に新任式・始業式を行いました。春休みが終わり、戸出西部小学校にも子供たちの元気な声が戻ってきました。新任式では、新しく本校に着任された先生をお迎えし、児童代表が戸出西部小学校が大切にしていることや自慢を紹介しました。始業式では、校長先生から、1年間お世話になる担任の先生や教職員の発表がありました。子供たちは、「これから1年間頑張るぞ」という気持ちを高めました。

入学式

 

4月5日(金)に入学式を行いました。一年生の入学を祝福しているかのように、桜の花びらが開き、天候にも恵まれました。62名の一年生が期待に胸を膨らませながら、西部っ子の仲間入りをしました。呼名されると大きな声で返事をすることができました。また、在校生代表が戸出西部小学校について分かりやすく説明しました。月曜日から始まる学校生活で、元気に遊んだり学習したりしてほしいです。

授賞伝達・終業式・離任式

 

3月22日(金)に終業式・修了式・離任式を行いました。式の前に、賞状伝達を行いました。終業式では、校長先生からのお話の後に、代表児童による西部っ子スピーチがありました。3学期に頑張ったことや新年度への抱負を発表しました。離任式では、1年間お世話になった図工専科の先生と5年間お世話になった図書館司書の先生に感謝の気持ちを伝えることができました。

 

明日からは、楽しい春休みです。約束を守って、充実した時間を過ごしてください。

卒業証書授与式

3月19日(火)に厳粛な雰囲気の中、卒業証書授与式が行われました。卒業生全員に卒業証書が手渡されました。卒業生たちは、新たな希望を胸に、その想いを態度や歌などで表現していました。在校生も立派な態度で式に臨みました。卒業生は晴れやかな気持ちで、学舎である戸出西部小学校を巣立っていきました。

卒業を祝う会

 

3月1日(金)に卒業を祝う会を行いました。各学年が役割を分担して、招待状を作ったり、入退場の曲を演奏したり、プレゼントを作ったりして準備を進めてきました。一人一人が出し物や態度で、6年生への感謝の気持ちを伝えることができました。最後には、6年生からのサプライズもあり、大いに盛り上がりました。

6年生と過ごせる時間も残り少なくなりました。限られた時間をお互いに大切にしてほしいと思います。

6年生と遊ぼう

6年生は卒業の時期が迫っています。

今日のロングタイムは、6年生が企画したクイズラリーを全校児童で楽しみました。下級生が班になってクイズを解きながら、6年生と腕相撲をしたり手押し相撲をしたりしながら校舎内をまわりました。

6年生は「なかなか強いぞ!!」「頑張れ!!」と声をかけながら下級生と関わっていました。下級生は、そんな6年生の姿を頼もしく感じたことでしょう。

卒業式まであと少しですが、一日一日を大切にしてほしいです。