トップ

新体育館で行った 「9月ミュージック集会」

9月28日(水)のロングタイムの時間を活用し、新体育館で9月のミュージック集会を全校で行いました。

目当て「西部っ子の歌声を集めて体育館中に響かせよう」のもと、進行は運営委員会が担当しました。

 

img_2231 dsc_1436

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dsc_1437 dsc_1500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめに、全校で今月の歌「少年少女冒険隊」を歌いました。元気の良い歌声が音楽に重なり、体育館いっぱいに響き渡りました。

 

その後、1学年から順番に各学年の歌を歌いました。体を揺らしながら歌ったり、手拍子を交えながら歌ったり、掛け合いや二部合唱を取り入れるなど、工夫に富んでいました。

 

各学年の歌は、以下の通りです。

 

1学年「はる なつ あき ふゆ」

dsc_1457

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2学年「山のポルカ」

%ef%bc%92%e5%b9%b4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3学年「あの雲のように」

%ef%bc%93%e5%b9%b4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4学年「とんび」

%ef%bc%94%e5%b9%b4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5学年「ビリーブ」

%ef%bc%95%e5%b9%b4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6学年「すてきな友達」

%ef%bc%96%e5%b9%b4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想タイムでは「それぞれの学年が大きな声で歌っていてすごいと思った」「元気のいい声が体育館に響いていて、楽しかった」など、一ヶ月の練習の成果を出し切り、達成感溢れる感想が多くありました。

今年度の本校のアクションプランには、「歌うことを楽しむ子」という項目があります。全校でベクトルを揃え、取り組んできた成果を実感することが出来た、良い集会となりました。

 

米作り ~脱穀~ 6年

9月27日(火)に、脱穀を行いました。春から続いてきた米作り。

田植えに始まり、らち転がし、稲刈り・稲運びを経て、ついにゴールの脱穀の作業を迎えました。

 

cimg2443

 

dsc_1367

 

高岡南ライオンズクラブの皆さんのお話を聞いた後、子供たちは「足踏み脱穀機」と「千歯こき」を使って、稲の束からお米となる穂を収穫しました。

 

dsc_1376

 

cimg2453

 

dsc_1389

 

現代には、コンバインという機械を使い、簡単に収穫できる環境がありますが、昔の人々の収穫方法から、「やっている間に足が疲れてしまって、昔の人はこんな苦労をしていたんだな。」「おいしいお米を食べるためには、最後の最後まで頑張らなきゃいけないんだな。」と、汗をかきながら収穫することの大変さを実感しているようでした。

 

脱穀の作業が終わると、子供たちはブルーシートや田んぼに落ちた稲穂を一粒一粒拾っていました。収穫できたことに対する感謝の気持ちが「一粒のお米も無駄にしない」という行動に表れていました。

 

dsc_1423

 

普段家庭や給食で何気なく口にしているご飯。その一粒一粒には、いろんな人々の汗や思い、時間が詰まっているということが実感できたのではないかと思います。

 

収穫したお米は、精米後袋詰めし、10月16日(日)に行われる学習発表会のバザーにて販売します。その収益は、岩手県久慈市立久慈小学校へ全額寄付させていただきます。

西部っ子のみんなと地域の皆様とで作り上げた「西部っ子米」。ぜひご賞味下さい!

先輩に学ぶ ~廣川充志さん講演会~

dsc_1269
26日(月)、本校卒業生、桐蔭横浜大学講師で、先のリオデジャネイロオリンピックで金メダルを取った、ベイカー茉秋の担当コーチを務めた廣川充志さんに講演をしていただきました。
dsc_1302
廣川さんからは、オリンピックを経験して、1人の選手が金メダルを取る背景には、選手の努力はもちろんあるのですが、それ以上に多くの支えがあるということ。
一歩踏み出す勇気をもつことなど、小学校の体験談等も交えながら分かりやすくお話してくださいました。
dsc_1317
講演の最後には、廣川さんの小学校時代の恩師から、花束が贈呈されました。
dsc_1330
今日のお話をきっかけに、子供たちが夢に向かって一歩踏み出してくれることを願っています。

なかよしクラブ ~3年生~

9月25日(土)に保護者の方と一緒に戸出の町探検に出かけました。

暑い日になりましたが、子供たちは歩いて戸出駅、戸出ジェラード、御旅屋門、カントリーエレベーター、妙寿寺、戸出大仏、商工会議所等に向かい、地域の方々のお話を伺い、熱心にメモしていました。

dsc_0025

dsc_0317

cimg2915

今後、総合的な学習の時間で、なかよしクラブで教えていただいたことをまとめ、発表会を行います。紙芝居、劇など発表の仕方を工夫し、聞き手に伝わりやすいようにしていきたいと思います。

ボランティアでお話して下さった地域の方々、本当にありがとうございました。

社会科 スーパーマーケットの見学 ~3年生~

スーパーマーケットの売り場とバックヤードの様子を見学させていただきました。

cimg2840

バックヤードの見学では、 果物を食べやすい大きさに切ったり、オートパッカーで小分けしたりと、普段見られない裏での作業に子供たちは歓声を上げていました。

cimg2859

品物の鮮度を保つ工夫や欠品をしない工夫など、人々が買い物しやすくするための工夫をインタビューして、一生懸命メモをとり学習しました。

校外学習 4年生

9月6日(火)に、校外学習を行いました。 はじめに、和田川浄水場を見学し、私たちが毎日使っている水道の水がどのようにして作り出されているのかについて学びました。最後に訪問した二上浄化センターでは、私たちが使った後の水が、どのように処理されているのかを学び、これからの水の使い方について考える機会となりました。

また、私たちが生活の中で出しているごみがどのように処理されているのかを学ぶため、高岡・広域エコクリーンセンターを訪問しました。ごみ処理の仕方だけでなく、環境に配慮した工夫をしていることを知りました。

水の使い方やごみの問題など、私たち一人一人が関心を持ち続けることが大事であり、自分たちに何ができるのかを、これから考えていこうと思います。

 

~児童の感想~

驚いたことは、燃やすときに出る熱や水の力で電気を作っていることです。浄水場では、こんなに手間暇をかけて水をきれいにしていることが分かりました。リデュース、リユース、リサイクルを心がけたいです。

 

ごみ処理をして出る灰を埋め立てるのにも限りがあることが分かりました。だから、もっと物を大切に使おうと思いました。お手伝いで、皿洗いをするときには、水を汚さないように気を付けたいと思いました。

CIMG2699CIMG1667IMGP2182

校外学習 りんごの収穫 ~3年生~

5月に摘果を行ったりんごを収穫しました。

紙芝居でりんごの成長について学び、その後りんごを取りました。

cimg0425

子供たちの感想には、りんごを育てる農家の方々への感謝の言葉が多くありました。

3回くらいねじって取るとすぐに取れました。

赤色のりんごを探して取りました。

家に帰って丸かじりして食べました。甘くておいしかったです。

今日のりんごの収穫はとってもうれしかったです。

cimg2896

 

実りの秋に感謝して -4年生-

9月15日(木)4年生が稲刈りを体験しました。ライオンズクラブの皆様や矢後様に、稲刈りの仕方を教えていただき、大きく育った稲穂を刈り取りました。始めは、緊張して、なかなかうまく刈ることができなかった子供たちでしたが、いくつか刈るうちに、コツをつかみ、たくさんの稲を刈ることができるようになりました。刈った稲は、1年生が、はさがけまで一つずつ丁寧に運びました。全校でつなぐ米作りリレー。次は、6年生がバトンを受け取ります。

 

 

〈児童の作文より〉
私は、稲刈りをするのは初めてでした。でもライオンズクラブの皆さんが、優しく教えてくださいました。やってみると大変だったので、米を育てておられる方は、すごいと思います。これからは、お米を一粒一粒味わい、感謝して「いただきます」「ごちそうさま」と言おうと思います。

cimg1752cimg1754

9月1日の読み聞かせ

9月1日 読み聞かせ
1日の読み聞かせは、絵本『チンチンボンボさん』(作:室井滋、絵:長谷川義史、出版社:絵本館)でした。

絵本は図書室にあります。

次の読み聞かせは9月15日です。

図書便り8月号

としょかんだより8月号」を発行しました。