トップ

図書便り1月号

としょかんだより1月号」を発行しました。

1月19日の読み聞かせ

1月19日 読み聞かせ

1月19日の読み聞かせは、絵本『しあわせの3つのおしえ』(作・絵:エマ・チチェスター・クラーク、訳:久山太市、出版社:評論社)でした。

 

次の読み聞かせは2月16日です。

豆つまみ大会 ~中学年~

正しい箸の使い方を身に付けるために、給食委員会が企画した豆つまみ大会(中学年の部)が行われました。

各学級の代表2名が、15秒間でつまんだ豆の数を競いました。

子供たちは、正しい箸の持ち方ですばやく豆をつまんでいました。

 

CIMG1596

 

CIMG1600

 

CIMG1603

入賞した皆さん、おめでとうございました。

短なわ大会 ~3年生~

子供たちは、自分の目標を達成できるよう、難しい技にもあきらめず挑戦しました。

感想からは、「練習よりも多く跳べるようになったよ。」「跳べなかった技ができるようになったよ。」などとあり、自分の成長を実感することができたようです。

CIMG1642

 

CIMG3290

鶴からのお願い

雪が降り、子供たちは校舎の中で遊ぶことが多くなりました。

すると、廊下を走る子供や校舎内でおにごっこなどをする子供が増え、子供同士がぶつかり、けがをしてしまうことが多くなってきました。

そこで、みんなの安全を願う鶴さんから、西部っ子へお願いが届きました。

 

IMG_3293

 

「西部っ子のみんなで折り鶴を作り、廊下の真ん中に置いて、右側通行を守ろう」というものです。

 

IMG_3291

 

折り紙と作り方の書かれた紙が玄関前に設置され、幅広い学年が折り鶴作りに協力してくれました。

そして、廊下や階段の真ん中に折り鶴を設置しました。

 

IMG_3292 IMG_3290

 

すると、折り鶴を踏まないようにゆっくり歩く子供や、右側通行を意識して歩く子供が増えました。

西部っ子にお願いをした鶴さんも、ホッとしていることでしょう。

校舎内で過ごすことが多くなる時期だからこそ、このように校舎内にある危険に目を向けて生活することの大切さを、改めて考える必要があります。

鶴さんは、西部っ子に良い機会を与えてくれましたね。

戸出中学校より出前授業をしていただきました。

1月23日(月)に戸出中学校の先生方をお招きし、6年生に出前授業をしていただきました。今回は、音楽科の授業を行っていただきました。

 

IMG_3277

 

戸出中学校の木脇先生に、歌う時の姿勢や発声の仕方など、歌うときの基礎基本について分かりやすく教えていただきました。

 

IMG_3281

 

中学校で行われている授業を実際に体験し、「今、小学校で学んでいる音楽と違う」と話す子もおり、小学校との学習の違いを感じているようでした。

ひな壇に並ぶ6年生の姿は、昨年の学習発表会の時よりも頼もしく、成長を感じました。卒業式でひな壇に並ぶまでに、またひとつ成長した姿が見られることでしょう。

春から待っている中学校生活に胸を弾ませながらも、残り短い小学校生活を悔いなく過ごして欲しい、そんなことを思った1時間の授業でした。

1月12日の読み聞かせ

1月12日の読み聞かせは、絵本『としょかんのよる』(文:ローレンツ・パウリ、絵:カトリーン・シェーラー、訳:若松宣子、出版社:ほるぷ出版)でした。

絵本は図書室にあります。

次の読み聞かせは1月19日です。