~2年生~ なかよしクラブ

9月8日(土)に、2年生のなかよしクラブが行われました。

今年のなかよしクラブの内容は、「昆布を使った食育教室」です。

 

 

最初に、昆布についてのクイズで盛り上がりました。

 

 利尻、日高、羅臼の3種類の昆布出汁を試飲して、飲み比べ。

産地が違うと、味が全然違うことが分かりました。

 

 

 

 

昆布を使った調理実習と試食もしました。

バニラアイスに昆布を入れるなんて、みんなびっくり。

塩昆布を使った炊き込みご飯は、大人気で子供たちはいっぱいおかわりをしていました。

 

美味しい出汁のとりかたも教えていただきました。

 

昆布の長さ当てクイズの正解発表では、昆布の長さにびっくり。

正解に一番近かった児童にこの4mを越える長さの昆布をプレゼント。

 

とても、楽しいなかよしクラブでした。

 

「クイズ、昆布出汁の試飲、昆布を使ったメニューの試食があって楽しいことが盛りだくさんでした。ぼくが、一番楽しかったことは、クイズです。わけは、クイズで学べたからです。またやりたいです。」

「最初にクイズをしました。2回正解しました。次に出汁の取り方を学びました。アイスを作るのが楽しかったです。家でも作りたいです。」

「昆布の長さがちょっと分からなかったです。○○さんが、当たったので、うれしそうでした。またやりたいです。」

「昆布のクイズをしました。4問のうち、ぼくは3問正解できました。その次は、昆布の出汁のにおいをかぎました。とてもいいにおいがしました。」

(児童の日記より)

 

準備をして下さったPTAの役員の皆様、ご協力頂いた日本昆布協会の皆様、ありがとうございました。